ブログ

院長ブログ

2015年3月 1日 世界にも認められるコンシェルジュより学んだ事

先日NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、阿部 佳さんという
コンシェルジェが出ていました。
その方は一流のコンシェルジュのみ入会が許される世界組織「レ・クレドール」で、
現役にして名誉会員に認定されている方でした。

阿部さんの言葉で気に入った、又印象に残った言葉は...

『言葉の向こうの"心"を読む』

職種は違うけれども、私自身もこの言葉を聞いて納得させられました。
私の仕事もコンシェルジュと同様、患者さんとの時間は決して長くありません。
診察では症状を聴き、その治療方法の説明などをし、更に患者さんの質問に答えます。
常に患者さんが何を求めているのか、何を不安に思っているのか
瞬時にキャッチして、的確に対応する必要があります。
自己満足の診療ではなく、患者さんに満足してもらえるよう心がけたいと思います。
診療後、全ての患者さんが不安や痛みから解放され、
気持ちもスッキリして帰ってもらえるような診療を目指します。

『お客様と向き合うのではなく、一緒の方向をみる』

私が研修医時代から心に残っている言葉があります。
上司の先生が患者さんに向かって「一緒に治療していきましょう」と言われているのを聞き、
とてもいい言葉だと共感し今でもそれを胸に診療を続けています。
「一緒の方向をみる」というのは、患者さんは一人ではなく、
医師である私も患者さんと同じ気持ちで進めていくことであります。
安心感、心強さを感じられる、患者さんに寄り添った診療を進めていこうと改めて思いました。
どの様な業種であっても共通するものですね。


『忙しい時こそ、仕事を雑にしない』

雑な仕事をしないのは、私がいつも大切に思っている事の一つです。
忙しい時は、待ち時間の事を考えると一人にかける時間が短くならざるを得ないです。
しかし、忙しい時とそうでない時の診療の内容が変わってしまわないように
忙しい時こそいかにして質を落とさないよう短時間で的確な診療ができるかが重要です。

職種は違っても、人と関わる仕事というのは相手を想う気持ちが大切ですね。

普段の診療の時、いつも心に留めておきたいと思います。

2015年1月 8日 一期一会

明けましておめでとうございます。
今年も皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

浅野眼科クリニックでは去年の末に産休と結婚退職でメンバーに変化がありました。
人生の大きなターニングポイントを迎え、これから新しい生活が始まり、
羽ばたいていくことは寂しくもあり喜ばしいことであります。

女性の多い職場なので結婚、出産で退職や産休があることですが、
落ち着いたときに戻って来てくれるスタッフもおり、再び一緒に仕事ができる
ことはとてもありがたいことです。

私は退職するスタッフにいつもこんな願いをもって見送ります。
それは浅野眼科クリニックで学んだことが、これからの長い人生に少しでも
役に立ちますように・・・。

当院では通常の業務以外にも、院内勉強会やセミナーを
受講したりとスタッフたちも日々学び成長しています。
業務に直接つながることはもちろんのこと、幅広い分野のことを吸収し、
考えてもらう機会を設けています。
目の前のことだけではなく、浅野眼科クリニックを離れてからも
その後の人生に活かしてもらうことができたら嬉しく思います。

今まで頑張ってきてくれたスタッフにありがとう。そして幸せを願って・・・。
今年も新しいスタッフが入ってくると思いますが、「一期一会」、
ひとつひとつの出会いを大切に今年もスタッフみんなと力を合わせて
頑張っていきたいと思います。

そんな浅野眼科クリニックを今年も何卒よろしくお願いいたします。

浅野眼科クリニック
院長 浅野 真也

2014年12月 1日 人間ドック


先日、人間ドックを受けてきました。
今まで「時間がない」と理由をつけて後回しにしていましたが、
数年ぶりにしっかりと検査をしました。今回は初めてガン検診も受けました。

日本人の死因の第一位であるガンは日本人の半数がかかっており、
日本人の3人に1人が"ガン"で亡くなっているようです。
しかし今は、早期発見や治療によって発症・重症化の予防が可能に
なってきていますので検診の必要性をより感じます。
日本のガン検診受診率は大変低く20〜30%であるのに対し、
欧米では80%もあると知り驚きました。

今回の検診を受けて、総合して数値が大変良いと先生に褒めていただきました。
「ごく稀にこういう素晴らしい数値の人がいます。その秘訣はなんですか?」
と逆に質問されて嬉しく思うと同時に、栄養のバランスを考えて食事を
作ってもらっていること、ジムに行く時間を割かせてもらえることに感謝しなくては
と思いました。
これからもバランスの良い食事と適度の運動に心掛けて、健康的なライフスタイルを
維持していきたいと思います。

2014年11月 3日 名古屋大学眼科同窓会


先日、名古屋大学医学部眼科教室の同窓会に行ってきました。
年に1度の同窓会で毎年欠かさず出席するようにしています。

総会では、最近一年間の名古屋大学眼科の実績や新入局員の紹介、
新しく導入された医療機器、名古屋大学病院の建て替え工事等の
近況報告が聞けました。
当院の今後の医療機器の更新・導入にも参考になりました。

この会に出席されている先生は、名古屋大学眼科の先生をはじめ、
関連病院勤務の先生、開業医の先生などですが、様々な立場の先生方と
話すことができて、今後の参考になることがありました。

懇親会では、最新の眼科情報を得ることができたり、医療以外の話で
盛り上がったり、久しぶりに会える先生がいたりして、
とても有意義な時間が過ごせました。
又、諸先輩方や共に学んできた先生が活躍しているのをみて
大変刺激にもなりました。

多くの先生方が参加されていて、活気あふれる会でした。
時間の関係上、今回話ができなかった先生も多くいたので残念でしたが、
今後も続けて出席できるようにしたいと思っています。

今回得られた情報や知識を基にして、常に医療の進歩に対応していける
クリニックでありたいと思います。

2014年9月29日 東山植物園

先日、家族で東山植物園に行ってきました。
前回、寒い時期に動物園に行った時には息子がまだ小さくて、
終始寝ていましたが、今回は時折吹く風がとても気持ちが良く、
ニコニコご機嫌でした。

入園してすぐに、ボランティアの方が運転して園内を
案内してくれる電動カートがあり、私たちはそれに乗り見学しました。
見所を効率良く観て回ることができました。
園内を歩くにはかなり広く良い運動になりそうです。
この電動カートは人気の様でなかなか乗れないそうですが、
運良く乗れて良かったです。

紅葉の時期にはライトアップしているようなので、
ぜひまた観に行ってみたいと思います。

園内には「ガーデンテラス東山」というレストランもあり、
今回は行っていませんがボランティアの方の話では
美味しいようなのでまた今度行ってみようかと思います。
ボランティアの方がとてもイキイキとして解説してくれたのも
印象的でした。

緑に囲まれ自然の空気をたくさん吸って、日頃の目の疲れも和らぎ、
リフレッシュできた休日でした。

年間パスポートを持っているので、これからの過ごしやすい季節に
暇を見つけてまた散歩がてら行きたいと思います。

2014年8月30日 スムージー

 
朝晩が涼しくなって秋を感じますね。

朝食はオールブランとシリアルのミックスしたものをもう10年余りも続けています。
元々、朝は余り食欲がないのですが、1日の栄養を少しでも効率良く、
短時間に摂れる上に、何と言ってもオールブランには普段の食生活で
不足しがちな食物繊維が多く入っているので気に入っています。
妻には「毎日同じものを食べて飽きないの?」と不思議がられていますが、
飽きません!!

しかし、そんな私の朝食に最近スムージーが加わりました。
毎日異なる野菜や果物を一度に摂取でき、変化のある味や色を楽しみながら
飲んでいます。生野菜やフルーツは体の中の毒素を排出させるデトックス効果も
るらしいです!
入れるものの配分が違うだけで味が変わるし、毎日何が入っているのか当てるのも
朝の日課になっています。シリアルだけよりも朝食が楽しくなりました。
0歳の息子も一緒に飲んでいます。

朝は毎日バタバタしているので、もう少しゆっくり息子と遊んでから仕事に
出かけれるゆとりを作りたいです。

さて明日はどんなスムージーが飲めるかなぁ。

2014年7月 4日 VDT症候群

最近、眼精疲労の疑いのある患者さんが目立つように思います。
先日、夜間ゲームやスマホばかりやっている10代の学生、仕事で一日中(6〜8時間/日)
パソコンを使っていると言う30代、40代の女性が眼精疲労の症状を訴えて来院されました。

眼精疲労の原因には眼鏡の度が合っていない、老眼、ドライアイ、白内障、緑内障、
眼瞼下垂、斜視、弱視、加齢黄斑変性などの眼の病気があります。
最近では眼の病気以外でも、先日来院された患者さんのように長時間の
VDT作業(Visual Display Terminals: 画像情報端末、一般的にパソコン、スマホ、
テレビゲームなどを用いた作業 )が原因のケースが多くみられます。

現代ではこのVDTの普及に伴ってVDT症候群(別名 IT眼症)の患者さんが増えています。
VDT作業中はまばたきの回数が極端に減る為、涙が蒸発してドライアイになりやすく
なっています。また視線がディスプレイ、キーボード、書類の間を頻繁に移動する為
疲労がおこりやすくなります。そして、長時間同じ姿勢になる為、首、肩、腕、手などの
筋肉が緊張します。
VDT症候群の症状としては...

眼の症状:  眼が疲れる、眼がかすむ、眼の奥が痛む、眼の乾燥、眼がしょぼしょぼする、
物がぼやけて見える、まぶたが重い、まぶたが痙攣する、まぶしい

体の症状: 肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気

というものがあります。

眼精疲労は我慢して放置しておくと、不快な症状がいつまでも続き、
その症状がさらに状態を悪化させる事があります。眼精疲労の原因は一つとは限らなく、
それが前述した眼の病気が原因の可能性もありますので、「ただの眼の疲れ」だと
軽視せずに、なるべく早く診察を受け、自身の原因を見つけましょう。

眼精疲労にならないために、VDT作業をする時には眼をいたわることが大切です。

適度な休憩: 1時間毎に5分くらいの休憩をとりましょう。休憩中は、リラックスして
                       遠くの景色を眺めたり、眼を閉じたりしましょう。

体操          : ときどき適度に体を動かして緊張をほぐしましょう。

少しの心がけで眼の疲れも違ってくると思います。是非日常の生活に
取り入れてみてください。

眼の疲れを感じたら、簡単に出来る対策をいくつか紹介します。

眼の体操・・・  両目を見開いて、上下左右に大きく回します。
                     右回り、左回りと数回ずつ行ったら、眼を閉じて少し休みます。

マッサージ・・・眼の周りの骨を指で抑え、気持ちいいと感じるところを見つけて,
                     少し強く押さえつけて下さい。
                     ただし、眼球を押さえつけないように注意して下さい。
                     手の親指と人差し指の間を反対の手の親指で揉むのも効果的です。

温める・・・     温かいタオルをまぶたの上にのせます。
                    まぶたの上に温かいシャワーを数分あてるのも効果的です。

私も外来診察、手術で眼を酷使して眼精疲労の症状が出ているので、
日頃から疲れ目対策を意識的に取り入れなくてはと思います。

2014年6月 3日 学校検診


今年も学校検診の季節(4月〜6月)がやってきました。
私は春日井市内の小学校3校、中学校2校、計5校の眼科学校医をしていて
5月までに3校終了しました。

学校検診というと、はやり目(人に移るタイプの結膜炎)の子を発見し、
学校で流行しないようにすることが大きな目的の一つですが、
最近では、はやり目の子供はあまり見かけなくなりました。
それに代わり、アレルギー性結膜炎にかかっている子が非常に多く
見かけられるようになりました。

アレルギー性結膜炎にはダニ、ペット(イヌ、ネコ)、ハウスダストなどが原因の
通年性のものと、花粉が原因の季節性のものがあります。
花粉症の代表的なアレルギーの原因となる植物は、春はヒノキ科のスギ、ヒノキ、
夏はイネ科のカモガヤ、秋はキク科のブタクサ、ヨモギなどがあります。
ここ数年、日々の診療を通して、花粉症の低年齢化が進んでいるように感じます。

花粉症の症状は...
・眼の充血やかゆみ
・鼻水・鼻づまり・くしゃみ

その他に、見逃しやすい症状として...
・眼や鼻をこする事による皮膚の赤みや鼻出血
・喉や鼻づまりによるいびき
・眼や鼻ををこする、まばたきが増える、眼をパチパチさせる、鼻をすする、
 口呼吸をしているなどのしぐさ

この様な症状やしぐさがあれば花粉症を発症しているかもしれません。
お子さんの花粉症は保護者の方が気付いてあげる事が大切ですね。


2014年5月 2日 リフォーム完成間近!

 
新緑が美しく、過ごしやすい季節になりましたね。

当院もおかげさまで平成26年4月3日に8周年を迎えました。

今年2月からクリニックのリフォームを始めていますが、ようやく5月の連休明けには
ほぼ完成してきます。

リフォーム中、患者さんには騒音などでご迷惑をおかけしています。
より快適で、広いスペースを作り、最新の医療機器を導入し、患者さんにより一層
満足していただけるクリニックを目指していますのでどうぞご理解の程、よろしくお願いします。

今回のリフォームでは、待合スペースと検査室、暗室、第二診察室の拡張、
及び最新医療機器の導入をメインとしています。

これからも、できる限り患者さんの要望に応え、期待以上のクリニックにしたいと思って
います。

そのために...

既存の医療機器を更新し、最新の医療機器を新たに導入することにより最先端の医療レベルを目指しています。

全国の学会、講演会、セミナー等で最新の医療情報を収集し患者さんに最先端の医療を
供します。

居心地の良い空間を作り、定期的にスタッフの院内勉強会を開き医学知識や接遇面の
レベル向上に努めています。

患者さんとしっかりコミュニケーションをとり、一人一人に合わせた
治療を充分な医療機器と情報の中から選択する事ができるようにしています。

医療は日進月歩ですので、絶えず進化し続ける浅野眼科クリニックでありたいと思います。


さて、来る5月24日にリニューアル内覧会を開催いたします。
14時から白内障説明会、15時からリニューアルした院内ツアーを行います。
白内障説明会は人数に限りがありますので、参加ご希望の方は当院まで
お問い合わせください。なお院内ツアーは申し込み不要ですので、ご自由にお越し下さい。

TEL:0568-83-0008

是非、皆さんに新しくなる浅野眼科クリニックを見ていただければと思います。

2014年4月 2日 端午の節句


5月5日は子供の日、端午の節句です。
子供の頃菖蒲湯に入り頭に菖蒲の葉を巻きつけていた事を思い出します。
我が家は初節句を迎える為、兜や鯉のぼりを準備し始めました。

親になってから子供のための沢山のお祝いやイベント事があり、
その一つ一つには子への願いが込められている日なのだと改めて感じています。
今まで何気なく過ぎていた5月5日も今年は息子にとっても、
父親になった私にとっても特別な意味を持ちそうです。

端午の節句には鯉のぼりや兜を飾りますがその一つ一つにも意味があるんですね。
皆さんはご存知でしたか?私が学んだことを紹介したいと思います。

鯉のぼり・・・鯉は泥水でも生きるほど生命力が強い魚で、
中国に「滝を登りきった鯉が龍になる」という伝説があって
そこから"困難に打ち勝って立派な男になるように"と出世を願って飾る。

兜や武者人形・・・鎧兜は災難から守る身代わりの意味があって、
大将や金太郎、桃太郎などの五月人形は偉い人や強い子に育ってほしい
との願いが込められており、"一生無事に過ごせますように"、
"健康で強くて立派な男に育ちますように"と男の子の幸せを願って飾る。

昔、私が意味もあまり気にせず入っていた菖蒲湯の菖蒲は、
端午の節句の時期に咲き、葉が剣の形を連想させることに加え、
その音が「勝負」や「尚武(武事による徳を尊ぶ)」に通じることから
「世の中で負けないようにたくましく育て」という願いを込めて使われ始めたようです。
また葉の香りは強く、解毒作用があり胃薬とし、また神経の緊張をほぐし血行を良くする
などの薬効があるようです

息子に沢山の願いを込めてお祝いしたいと思います。

親になって新しい世界が広がっています。
子どもの成長と共に私も成長させてもらえているように感じます。