ブログ

院長ブログ

2018年9月 8日 記録的な猛暑

皆さん、夏休みの楽しい思い出はたくさん作れましたか?

それにしても今年の夏は記録的な暑さが続きましたね。
9月に入り朝夕はいくらか涼しくなりましたが昼間はまだ暑いですね。

今年は危険を感じるほど暑い日が続き、自然災害も多く地球の温暖化が
進んでいることは明らかです。

私の学生の頃、野球部では水を飲めないことが当たり前でしたが、
今は熱中症の事故も多く、積極的な水分補給補給が推奨されています。
脱水は健康面に悪影響を及ぼすだけでなく、運動のパフォーマンスも
下げてしまいます。

昔の常識が今ではありえないですね。私は部活での厳しい訓練が体に
染みついているせいなのか我慢することに慣れてしまって、以前、海で
熱中症になってしまったことがあります。調子に乗って遊んでいても、
突然気分が悪くなって気づいた時には手遅れなんです。人間の体の60%が
水分でできています。少しでも喉の渇きを感じたら、水分を取らなくては
いけないと身をもって経験しました。
体は異常のサインを出すのでそれに早く気が付かないと大きな事故に
つながりかねないです。

少しずつ秋の気配を感じますが、昼間との温度差で体調を崩さないように
気を付けてくださいね!

2018年6月 7日 グリット=やり抜く力

これは最近読んだお薦めの本のタイトルです。

突然ですが皆さん成功している人は他の人より何が優れていると思いますか?
私は才能に恵まれているんだ!としばしばできる人を見ると
そう思うことがありました。しかしこの本に出会って、そうではないと
言うのです。なんと心強いメッセージでしょう。才能がなくても成功できるんです。

では何が大切なのか、それはグリット=やり抜く力なのだそうです。
このやり抜くとは一つの重要な目標に向かって、長年の努力を続けること。
もちろん周りには才能に溢れている人、知能レベルが高い人が沢山いるのも
事実だと思います。しかしいくらそれらが高い人でも粘り強く努力する人には
及ばないのだと調査でも明らかになっているようです。
そうなると誰でも平等に成功を収めるチャンスがあるのですね。

グリットがあり偉人となった人には4つの共通点があると言うのです。

興味...心から楽しんで「情熱」が生まれ、目標に向かって努力する喜びや
   意義を感じる。
練習...「昨日よりも上手になる!」「何が何でももっと上手になりたい」と
   努力を怠らず自分のスキルを上回る目標設定をしクリアする。
目的...自分の仕事は個人的に面白いだけではなく、他の人の為にも役に立つと
   思えることが必要。
希望...困難、不安に立ち向かい、自分の道を歩み続ける時に粘り強くしてくれる。

発明王のトーマス・エジソンの「天才とは1%のひらめきと、99%の努力である」
と言う有名な言葉がありますが、天才だと言われる人もやはりグリットが
あったから偉業を成し遂げることができたのだと改めて感じますね。

子供にも常にポジティブに「努力すれば上手になる、成長できるんだ」と思い、
行動することができる人になってもらいたいと願っています。

そして私自身もスタッフ、患者さんにとって最高のクリニックだと感じてもらえる
ように、常に情熱をもって、粘り強く開業医としての使命を努めていきたいと
思います。

2018年4月 3日 春うらら


こんにちは。皆さん春を満喫していますか?
私は家族で週末に名城公園へ行ってきました。たくさんの花見客で
賑わっていました。
外国人のお花見ツアーのような団体もいて、日本人の私たちだけでなく、
海外の人にとっても桜はこんなにも魅力のあるものなんだと嬉しく思いました。

公園内には仮設のトランポリンや貸し出し自転車があり子供たちと
体いっぱい使って遊べました。
貸し出し用自転車は2人乗り、子供用、ファミリー用、ジャンプをしながら
漕ぐ変わった面白い自転車など色々ありました。今回は子供の自転車の
サポートの為に私は乗らず走りましたが、広い公園内を2週して
結構いい運動になりました。ランニングコースもあったので次回は
ランニングしようと思います。

レストラン、カフェ、出店も充実していて1日過ごすのになかなか楽しめて
良かったです。夏の暑くなる前にまた遊びに行きたいです。

この季節は街中がピンク色に変わり、気候も良く、気持ちも何となく
ウキウキしてきますが...私は今年、花粉症がとくに酷いです!
マスクとティッシュが欠かせません。

今年はスギ花粉の飛散量が予測通り例年より多いようですので、
花粉症の方にとっては特に辛い季節になっていますね。
当院にも花粉症で来院される患者さんが暖かくなった3月の初旬頃から
増えています。4月になるとヒノキ花粉が飛び始めますので
ヒノキの花粉症の方はまだまだ症状が続きそうです。
目が痒くて手で擦っていると、目に傷がついたり、目の周りがただれたりして
更に痒みが強くなってしまいますので早めに治療を開始することを
おすすめします。目の痒みは目薬で緩和できますのでお悩みの方は
ご相談くださいね。

2018年2月18日 スキー


先日蓼科までスキーに行ってきました。滞在中の最低気温がー12度!
春日井よりだいぶ寒く、紙コップに入った水を外にしばらく放置していたら
氷になってしまったのには驚きました!

私の車はスタッドレスではないのでレンタカーで行きました。
今年は雪が多いため、道路は所々凍っているところもあり、スタッドレスでないと
とてもとても怖くて運転はできないです。

雪山へは去年も行きましたが、その時は息子はそり遊びで今年からスキーデビュー!
そして私はもう何十年ぶりかのスキーとなりました。
息子はスキーレッスンに入り、私は隣で見学。初めてのスキー靴に板。
重さはあるし、自由に動かないもどかしさもあろうけど、
上手にスイスイと足を動かしていました。

2日間連続でレッスンを受けて、なだらかな斜面で自力でボーゲンで
滑れるようになりました。
リフトに乗ることも初挑戦でした。親の方がハラハラしてしまいましたが、
スムーズに乗り降りして、子供はバランス感覚がいいものだと感心しました。

何より、2日目は吹雪もある寒い中、レッスンを最後まで受けて、成長した息子!
少しずつ上達して一緒に色々なコースを滑れるようになるのが楽しみです。
きっとすぐに上達するのかなと思うと、私もまだまだ負けていられません!!

まだ1歳の娘はスキー場のキッズルームで遊んだり、そり遊び。
小さい子供も楽しめる環境が整っていてありがたかったです。

この冬もう1度くらいスキーに連れていけたらいいなと思います。


2018年1月18日 スマホ老眼


今年初めてのブログです。
皆さんは年末年始のお休みをどのようにお過ごしでしたか?
お休みの間はスマホとにらめっこする時間もついつい
増えてしまった方も多いのではないでしょうか?

今日は「スマホ老眼」についてお話ししたいと思います。

スマホ老眼は現代病の一つとも言われ、医学的には「調節緊張」と
呼ばれています。スマホの使い過ぎが原因で、10代~30代の
若い人にも老眼のような症状が一時的に出ることです。
スマホの普及で症状を訴える方が急増しているようです。
当クリニックでも最近スマホ老眼で来院される患者さんが増えて
いるように感じます。

では具体的にどのような症状があるのでしょう。
以下のようなことが挙げられます。

・スマホを見ていて遠くを見ると遠くがぼやける
・遠くは見えるのに近くの文字が見にくい
・焦点が合いにくい
・薄暗いと見えにくい
・目の疲れ、肩こり、頭痛

これらの症状に皆さん心当たりはありませんか?

このスマホ老眼の原因はスマホを近い距離で見続けていると、近くにピントが
合ったままで元に戻りにくくなり、一時的に遠くがぼやけたと感じます。
このような状態が続くとピント調節が利かなくなり、近くも見づらくなり
老眼のような症状も現れるのです。

これらの見えにくさは一時的なものですが、繰り返すうちに重篤化したり、
老眼を早める危険性も指摘されています。

とはいってもスマホは生活の上で今や必需品言っていい程ですし、
ついつい長時間見てしまいますよね。
ではスマホ老眼の予防と対策をお伝えしましょう。

・長時間スマホを使用することを控える
・長時間見る場合は最低1時間に1回程度は視線をずらして遠くを見る
・目を動かし目の緊張を和らげる
・意識的にまばたきを増やす
・スマホの画面を少し暗めに設定する

是非実行してみて下さいね。

2017年10月27日 バイオレットライト


最近医学雑誌「EBioMedicine」に掲載された研究で、
「バイオレットライトを浴びることで、近視の進行を抑制してくれる効果がある」
ということが分かりました。

バイオレットライトとは、太陽光を分解すると7色の光になり、
その紫色の部分のことで、波長でいうと380nmの光のことを指します。
近視とは眼球(眼軸長)が長く伸びてしまいピントが合わせずらくなってしまっている
状態ですが、バイオレットライトが目に入るとEGR1という近視進行を抑制す
遺伝子が活性化されるため近視の進行を抑えることができるのです。

ではどのようにしたらバイオレットライトを浴びられるかという事ですが...

外で過ごすことが1番良い!

1日2時間以上外で遊んでいる子供は近視になりにくいと言われています。
毎日2時間外にいることはなかなか難しいので、部屋の窓を開けるだけでも
良いそうです。
バイオレットライトは壁やガラスを通って屋内に入ってこないため
窓を開けないと屋内ではバイオレットライトを目に当てることがきにくい
ようです。
コンタクトレンズの一部は通しますが、一般のメガネは通さないため、
バイオレットライトを通す特殊なメガネも開発されているようです

なかなか毎日2時間外にいるだけでも仕事をしていると難しいですが、
近視のお子さんは学校の休み時間や放課後に外で遊ぶことを意識されると
良いかもしれませんね。


私の出身は岐阜県で、長良川と金華山の自然が多くある中で幼少期を過ごしました。
毎日外で日が暮れるまで体をいっぱい動かして遊んでいました。
現代のようにスマホもiPadもない時代、自然の中から経験し学ぶ機会が多く
それは贅沢な時間だったのかもしれません。

息子も最近は走ることが大好きで、どこに行っても走ろうよ!と言って
私と競争したがります。だんだん気温も下がってきますが、子供は風の子!
元気いっぱい外遊びをしてバイオレットライトを浴びて目にも優しく、
そして体力もつけて健康的な毎日を送って欲しいと思います。

2017年7月29日 土用の丑


 7月25日は土用の丑の日でしたね。我が家でもうなぎを食べました。
「土用の丑って何?何でうなぎを食べるの?」と最近何事にも興味津々の
息子の質問。
 いつも何気なく行っていることが、確かに何だろう?なぜだろう?と
私自身も考えさせられることがよくあります。

 今回は土用の丑についてのお話しです。

 土用の丑の日といってうなぎを食べているのは夏ですが、実は「土用の丑」は
夏だけではないのです。

土用とは...立春、立夏、立秋、立冬の前の18日位の期間です。

 土用は土公神(どこうじん)という土の神が支配する期間と言われていて、
引っ越し、造園、土木工事、エクステリア工事などの土を動かすことは
土公神を怒らせてしまうのでやらないほうがよいと考えられています。
土用の期間は季節の変わり目で体調を崩しやすいのでこの時期はなるべく
体を休めましょうという事からきているようです。
しかし土用の期間中でも土を心置き無く触れる「間日(まび)」という日が
あるので全くできないわけではないんですね。

丑の日とは...十二支の子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・・の丑のことで
年を数えるときに使われるだけでなく、方角、日にちを数えるのにも
使われています。

 つまり約18日間の「土用」の期間のうち、12日周期で割り当てられている
十二支が「丑の日」が「土用の丑」なのです。8月6日も土用の丑の日にあたり、
今年は2回あります。

 ではなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのでしょう?
素朴な疑問ですよね。

 その由来には諸説あるようですが、有名なものをご紹介します。

 江戸時代に万能学者であり発明家の平賀源内が、うなぎ屋がうなぎが
売れないで困っていることを相談され、店の前に"本日丑の日、うなぎの日"
という張り紙をしたのです。これが大当たりしてうなぎ屋は大繁盛したそうです。
これを他のうなぎ屋もこぞってマネするようになり、次第に「土用の丑の日は
うなぎの日」という風習が定着したようです。

 しかしうなぎの旬は実は冬だと知っていましたか?
売れないうなぎの販促のために、旬でない夏にうなぎを食べるという
風習を根付かせたという説が有名なようです。

 丑の日にちなんで「う」から始まる食べ物を食べると病気にならないという
言い伝えがあったようです。梅干し、瓜、うどんなど食の細くなる
夏に食べやすいものですよね。
 栄養のあるうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう!

 何気なく行なっていることも、歴史的背景や奥深い意味があるのですね。
息子の質問に一緒に考えてみるのも楽しいものです。

 暑い夏、皆さんも体調を崩さないように乗り切ってくださいね!!

2017年5月 7日 LEGOLAND


皆さんもうレゴランドには行かれましたか?
私は張り切って年間パスポートを買い、もう2回行きましたよ!
自宅から車で30分くらいで行けて、気軽に遊びに行けます。

レゴランドのターゲットは2歳〜12歳と言うだけあって、3歳の息子は車、
飛行機、船などたくさんの乗り物に乗り、1歳の娘は小さい子供も遊べる
エリアで遊んでいました。
また、大人も国内の名所や街並みが全てレゴで作られているミニランドで
楽しめます。近づいてよく見ないとレゴだと気が付かないくらいの完成度の
高さです!なので家族みんなが楽しめるテーマパークでした。
規模も比較的コンパクトなので小さい子供を連れて行くのにちょう
良かったです。
週末でもまだあまり混雑してなかったのですが、2回行ってもまだ見れていない
ところ、乗れていないものもいくつかあります。
レゴランドは乗り物だけではなく大人も子供も参加できる体験型プログラムも
充実しているようなので、次回は是非チャレンジしてみたいです。

来年にはレゴランドホテルと新しいアトラクションが完成するようで、
何度も足を運ぼうと思います。

できたら暑くなる前に行けたら良いなと思います。

2017年2月19日 冬なのにはやり目が流行ってる!?

最近診療で感じる事は、はやり目(流行性角結膜炎)の患者さんが
多いという事です。
はやり目の主な症状としてまぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、
流涙、目やに目の痛みなどがあります。感染して7~14日で発病します。

例年、プールでの感染もあり夏に流行しやすいのですが、今年は珍しく
冬にも流行っているようです。

治療は細菌の混合感染を防ぐ目的で抗生剤の目薬を、炎症をやわらげる目的で
ステロイドあるいは非ステロイド系の目薬を点眼しますが、
はやり目の原因であるアデノウイルスに直接効く薬がないので、
良くなるまでに約2〜4週間くらいかかります。

重症化すると角膜に傷がついたり、まぶたの裏に膜(偽膜というもの)が
できる事があり特に注意を要します。

目の症状以外にも耳前リンパ節が腫れ、触ると痛みを伴う事があります。
発症は1〜5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて
幅広い年齢でかかります。

予防としては目から目への感染でかかるものなので、手洗いをしっかりして、
周りに疑わしい人がいたら、タオルを介してもうつるのでタオルを別々にしたり、
はやり目の人はお風呂を最後にしたりシャワーだけにするといいです。
潜伏期間が1〜2週間程度あると言われているので、症状が出ていない人も
しばらくは注意が必要です。

当院でも家族や幼稚園での感染が多くみられます。
身近な所でかかりやすいので、一人一人が気をつけて管理する事が
感染の拡大を防ぐのに大切です

今の季節は目の病気だけでなく、インフルエンザなども流行っています。
手洗いやうがいをしっかりして体調管理に気をつけて残りの冬を元気に
乗り切りましょう。

2017年2月 5日 いよいよ花粉シーズン到来!


2月に入りスギ花粉によるアレルギー性結膜炎の目薬が欲しいと院される
患者さんが増えてきました。
愛知県のスギ花粉前線予測によると今年のスギ+ヒノキの飛散量は、
昨年より多く例年並みだそうです。

花粉が飛び始める約2週間前、または少しでも症状が現れた時点で
抗アレルギー薬の点眼を開始する初期療法があります。

初期療法のメリットとしては、
①花粉が飛び始めた後、症状が出る時期を遅らせることが期待できます。
花粉飛散ピーク時のつらいアレルギー症状を軽減することが期待できます。

愛知県は2/15〜20頃から飛び始める予想ですのでそろそろ準備をすると
いですね。

抗アレルギー点眼薬による治療はかゆみや充血などの症状が弱くて
花粉シーズンが終わるまで続けることで安定した効果を得ることが期待できます。

初期療法を行って、少しでも快適に花粉シーズンを過ごしましょう!